nagano of BMW M3CSL WEB


CSL Meeting in 信州

2004年4月3日~4日  長野県 蓼科高原

蕎麦 温泉 CSL を堪能する

4月3日 快晴の中 午前9時半に自宅を出発する、今回のMeetingは関西から2台 愛知県から2台 関東から4台 地元長野、群馬から2台。
目的地までのルートが違うため 一次集合場所を決め関西組、愛知組は 中央道内津峠SAで集合。
内津峠SAでエルさん レッドさんと待ち合わせ 諏訪インター出口を目指し三台で激走する。
CIMG0030a.jpg
中央道での三台ランデブー走行は本当に楽しかった、後ろからCSLの動きを見足がきっちり動いているのがよく解る。
特に市街地走行では堅い足も法定速度+@では快適・・・
ちなみに諏訪までの間 6速に入ることはなく 常に3,4,5速・・・CSLサウンドを楽しみながら走行
トンネル内では思わずシフトダウン(笑)
エルさん号のインコンネルマフラーの音がトンネル内に響き渡る、私のノーマルの音がかき消されインコンネルの音にうっとり。

1時間強で諏訪インター そこでブラックサファイヤ グロさんと合流。
最終目的地 蓼科高原を目指す。
黒色CSLぐろさん号は ホイールをニーズのユーロクロス ハイパーブラック 一目見てやんちゃ号だ(爆)
ボンネット、トランク、ホイール 各エンブレムをカーボンシートで小技決め 恰好良い・・・
後ろに回ると イルミナチタンマフラーがど迫力、音もど迫力・・・
黒色CSLのすぐ後ろを走り いざ高原へ。
前が空くことが無く おとなしく景色とイルミナの音に堪能しながら走ることができた。

CIMG0031a.jpg

イルミナはバリバリバリーンって感じ、イルミナはブォ クォーン  違った音色。
イルミナの高回転時の音色は聞くことができなかった・・・・

後半に登場するが今回のMTG最大の出来事が・・・・・

四台で蓼科高原 エクシブ蓼科までゆっくり楽しみながら走り三時頃到着
駐車場には早くもCSLが三台【まるやまさん、CELLさん、TOMMYさん】 隣に停める、予定していた宿泊組七台がこれで勢揃い。
いよいよだ~~~(何が・・・)

DSCN0048a.jpg

すぐに部屋へ、そこで驚き!! なんて豪華なんだ!! こんなん初めて!! 等々部屋の中を散策(笑) ほんと広いし豪華
部屋の中を見終わって 早速 CSL談義
エルさんの車載ビデオを鑑賞する、うまく撮れるんだ、欲しくなりました sanyo

七時半から夕食 バイキング うま~~~い!! エクシブ最高だ!!
最終まで粘り奥様達や子供達もほったらかしでCSL談義
周りの人がいなくなり 食事はやっと終わる、その後お風呂へ。

そこから長い夜が始まる(笑)
持参したお茶を飲み 大宴会の始まり(私motoはお酒が飲めません)
次回はカートだ、いやサーキットだ、いや高速ツーリングだ、、、、なんて盛り上がりました。
そうこうしているうちに F1予選が始まり 琢磨が五位 お~~~ 
結局私は四時まで、エルさん TOMMYさん おじさんの他愛もない話にお付き合いありがとう。

盛り上がっている頃 MTG最大の出来事の始まりが・・・・・

12時頃から外は雪が降り出した模様。
寝る前に外を見ると 街路樹には雪が積もっている、この時には少し明日のことが頭をよぎる・・・・
積もっていたら ヤバイ!!
4月だから夜が明け日が指すと すぐ溶けるだろうと思い何の心配もなく、そのまま夢の中へ

あっさ~~~
外を見るとまだ降っている まさかとは思いながらフロントへ・・・・

げげげげげげげげ・・・・・・・・
道路にも雪が積もってる~~~ヤバイ・・・・・どうしよう・・・・・
P1000575a.jpg
まだ この期に及んでも 時間と共に雪も溶け道路は問題ないだろうと思っていた。
この考えも180°裏切られることになる、恐るべき蓼科高原。
ポジティブに考え朝食を・・・
おぉぉぉぉぉぉ・・・・日帰り組が心配・・・・・・
案の定グロさんがSOBさんと電話で話をすると エクシブに500m位の所まで何とか上ってきたが滑って無理だとの内容
下まで降りてしばらく様子を見るとのこと
しばらくして私の携帯が鳴る、TAKAさんだ・・・
駒ヶ根から電話を頂き 状況を説明する、とにかく諏訪まで向かうとのこと 又随時状況を連絡することに。
時間は9時頃

その後状況は変わらず、TAKAさんに連絡、諏訪インターで折り返し帰るとのこと。
zazaさんにも連絡が付く 白樺湖方面より来られるようだが、それは諏訪より悪い状況らしい。
SOBさんも ファミレスで食事を散られ待機されていたが 断念。
日帰りの方々には悪天候の中 近くまでお越し頂きありがとうございました。
残念ではありますが無理をして事故などの可能性があり、的確な決断をして頂いたと思っています。
これに懲りず お付き合いください。

BMW、magの取材スタッフの方にやっと連絡が付く
スタッフも近くまで来たのだがもう少しのところで上れないとのこと 茅野市まで降りてシャトルバスで来る事になる。
10時の予定が12時頃に・・・・
その間も容赦なく雪は深々と降り続けている・・・
カップタイヤのエルさん 周りの人たちが心配しているのに本人は・・・・・(笑) 大物だ~~~

12時前チェックアウト 取材場所の駐車場へ 12時過ぎ無事BMW、mag 取材スタッフ登場
この頃雪は降り続いているが ホテルを出たところの道路はすっかり溶けていた。
取材の間 道路状況などシャトルバスのドライバー達に聞きあさる、どうも一部のみが積もっているだけで何とかなりそうだ。

この思いが 4月とはいえ 雪国を大いに甘く見た判断だったと 後で後悔した・・・・(^^;)

エルさんが代表で取材をうけて頂き 3時頃終了。
帰り支度を済ませ念のため道路を見に行く。

っげげげげっっっっっっっっげ 雪が溶けているはずなのに 道路が真っ白

取材中どんどん寒くなってきた 気温がみるみるうちに下がっていた、
寒いな程度しか感じず 楽しく雑談中に天は我々を見放したのだ・・
とにかくそば屋まで降りようとみんなで決断!!
シャトルバス ドライバーに最終状況を聞く、敷地より出たT字路を 下へ降りるのではなく 上へ上り 途中から上ってきた道に出る
方が道路状況が良いらしい、その道路を行くことに。
CIMG0038a.jpg
エルさんCSLは本国ホイールにカップタイヤ 周りのみんなが心配しているのに
当の本人はと言うと せっせと帰りのビデオ撮影のためカメラを助手席にセッティング
これで帰りもバッチリなんて・・・(爆)

雪国になれたグロさんが切り込み隊長、それに続き私 敷地からよたよたと下る、そして右折 200m程の登り。
グロさんが果敢にもアタック それを見てゆっくりアクセルを踏む、リヤタイヤが滑る、DSC警告灯が絶え間なく点灯
エンジン制御が入りエンジン回転が制御される、上らない・・・・・
DSC OFFで登り始める 前を見ると グロさんが坂の途中で立ち往生・・・・ヤバイ 広いtころで待機
私をすり抜けTOMMYさんがアタック、少し手前で立ち往生・・・・
まるやまさんが続いてアタック おっと滑っているがぐんぐん加速 DSC OFFだなと思う。
グロさん TOMMYさんの横をすり抜け無事登り切る。
まるやまさんが徒歩でグロさん、TOMMYさんの所へ、その後私の所へも DSC OFFのアドバイスを・・・
その後エルさんの許へ・・・

前方を見るとグロさんがDSC OFFでアタック、リヤをズリズリさせ 雪を蹴散らしながら無事登坂
同じくTOMMYさんも無事登坂 前が開いたところで私もアタック ズリズリ来るが大丈夫 無事登坂
私が上ったのを見て前が出発 おいおい エルさんは???

その頃エルさんはバックした際 溝蓋 グレーチングの上に乗ったらしくスタック状態だったらしい。
電話をしても繋がらず、心配しながらも目的地のそば屋へ2速で最徐行・・・・
その頃 レッドさんはというと 対向車が来て右折できず そのまま左折し昨日来た道を直接降りたそうだ。
そば屋に6台が到着 エルさんにも何とか連絡が付きシャトルバスに坂の上まで牽引してもらったらしい。

エルさんほったらかしてごめんなさい!!! | 柱 |ヽ(-.-;) 反省

しばらくして エルさん到着、CELLさんは早いうちに電車で帰るのを決断し 取材後シャトルバスで茅野駅に。
何とか無事に蓼科高原より降りることができましたが この時のCELLさんの冷静な判断が最良でした。
CIMG0040a.jpg
おいしい蕎麦を頂き 諏訪インターで関東組、地元組、愛知関西組と別れ 家路へと
帰りの中央道は途中から雨に変わり 中央道を法定速度+@ ハイドロプレーニングと格闘しながら 無事帰宅。

今回の日程は私のわがままで決定して頂きました、また4月とはいえ雪国を甘く見た結果 少し試練を頂きました。
今思えば3月にAlpina ツーリングに参加したときも関西組だけ雪に見舞われ 今年の嵐を呼ぶ男みたいだったです(笑)
被害を被った周りの皆さんに 「ごめんなさい」 これに懲りず次回も宜しくお願いいたします。

雪のため予定が大幅に狂い 日帰りの皆さんは大変残念でしたが 二日間楽しく過ごさせて頂きました。
今回のMTGでCSLがただ者では無いというのを実感致しました、皆さんありがとうございました。

2004/4/5       by moto

完 


ページの先頭へ